セカンドメールを送る時点ともなると、少しはほっと一息という感があるかもしれませんね。
というのも、相手には自分とメールのやり取りを続けるという意向が読めるからです。
その気がなければ多くの男性からのメールのひとつという存在にしか過ぎずに、そのままスルーされていたかもしれないわけですからね。
でも、まだ安心するのは早いですよ。

たくさんのメールの中からあなたのメールが選抜されたのは事実と考えられますが、他の男性にも返信をしている可能性もあるからです。
つまり、大勢のメールの中からふるいに掛けられた数人に残っただけで、本当の選抜はこれからやり取りをしていく段階でなされるということなのです。
ですから、このセカンドメールも非常に重要なポイントとなるのは間違いありません。
もう自分は選ばれた男性だからと安心して「今度会いませんか?」などとメールをしてしまうと、返事が返ってこないこともあり得るのです。
ファーストメールと異なり、セカンドメールの内容や書き方には基本的にフォーマットのようなものはありません。

相手からの返事を読んで、自分で判断して作成しなければならないのです。
たとえば文面が丁寧なものなら、それに合わせて丁寧な言葉遣いで返すのがいいでしょう。
くだけた文面なら、丁寧な文面ではよそよそしく感じたりつまらない人と判断されるかもしれないので、同じようんにくだけた文章のほうが好ましいです。
内容も世間話程度の返事なら同じような内容を、パーソナルな内容が書かれていれば一歩進んだ内容で返すといいでしょう。
セカンドメールの文体や内容は、あくまでも臨機応変な対応が求められるのです。

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に