インターネット上のいろいろな媒体で広告が掲載されていますよね。
例えば完全無料出会い系サイトも広告としてよく見られるのですが、反対に同じように無料でコミュニケーションをとることが出来るSNSというのはあまり広告を見かけないような気がします。

広告を出している場合もたまにあるのですが、SNSはあくまで友達などととの交流をする場所という位置づけになっており、出会いが見つかるというようなアピールはしていません。
また、SNS内でも広告は掲載されているのですが、完全無料出会い系サイトとは違って、アダルトサイトなどのような広告を掲載しているケースはとてもまれです。

出会いを目的にしているわけではないユーザーが多いですから、完全無料出会い系サイトなどで掲載されているような広告はミスマッチになっているのです。

逆に教材やサービス、ユーザー層に合わせた広告が掲載されているということが多いですね。

ちなみにSNSというと、日記やコミュニティがあるサイトだという認識の人も多いのではないでしょうか?
確かに、日記などが用意されているサイトもSNSサイトになっているのですが、140文字までのメッセージを投稿することが出来るサービスも友人などと交流をすることが出来るようになっているため、SNSに分類されています。

このようなSNSサイトでは出会いが見つからないと思っている人も多いのですが、知人としかコミュニケーションを取ってはいけないという決まりはありません。
それに、SNSではコミュニティなどでオフ会なども行われていますから、全然出会いを探すことができないというわけではないのです。

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に